車の傷を修理ならここ!ランキング6

home > 車の傷を修理する時の豆知識 > 車についた小さい傷をカバーするための液体塗料が便利です

車についた小さい傷をカバーするための液体塗料が便利です

 車は旅行や買い物など、移動するのに便利な乗り物の1つですよね。そのため多くの人が利用していますが、運転することで多少の傷がつく事が多くあります。ちょっと擦ってしまったり飛び石が当たる事で、車体の塗料が取れてしまうといった小さい傷ができますよね。業者に依頼して修理するほど大げさな傷ではないけど、傷があるとやっぱり気になるという場合は車体修復用の液体塗料がとても便利に活用できますよ。塗料が溶けてしまった箇所を塗り直すことができ、自分で作業もできるのでとても手軽に修理ができます。塗料自体はカー用品店で販売しており、カラーバリエーションも豊富に取り揃えてあるので安心です。では実際に利用する場合ですが、濡れたタオルで傷を拭いたり全体的に洗車するなどして綺麗な状態にします。

 修理の準備として車を綺麗にした後は、次に傷以外の車体を保護する作業を行います。傷の箇所以外に液体塗料がついてしまうのを防ぐ必要があるので、マスキングテープなどを使用して準備を行います。傷周辺の車体に塗料がつかないよう、マスキングテープを貼る事で保護する事ができます。マスキングテープ自体は粘着力が弱いので、車体に傷をつけることなく剥がすことができるので便利ですよ。次に傷に直接液体塗料を塗りますが、最初は薄く塗るようにします。塗料はペンタイプのものが販売されているので、傷の箇所のみを塗ることができます。一度塗った後は乾燥させて、再び液体塗料を再び同じ傷に塗ります。最初は傷がある箇所がへこんでいますが、塗料を何度か塗り込むことで盛り上がった状態にする事ができますよ。その状態になったら完全に液体塗料を乾かすため、1週間ほどそのままの状態にしておきます。

 液体塗料をしっかり乾燥させた後は、修理箇所が目立たないようにするために盛り上がった箇所を削る作業を行います。次に使用する道具は、研磨剤として耐水ペーパーなどを利用すると便利ですよ。耐水ペーパーには粗め目の物から作業を始めて、徐々に目が細かいタイプに変えて作業を行っていきます。高く盛り上がった箇所を粗めの耐水ペーパーで磨くと、徐々に盛り上がりが取れていきます。状況を見ながら細かい目のペーパーに変えて、再び丁寧に磨く作業を行っていきます。最後の仕上げとして使用するのがペーパーではなく、液体研磨剤がおすすめです。液状なので粒子も細かく、仕上げ磨き用とし使用することができますよ。液体研磨剤の場合は綺麗なタオルやスポンジにつけて使用することができます。仕上げとなるので力を入れずに優しく擦る事で、盛り上がりもなくなり綺麗な状態に仕上げることができますよ。

次の記事へ

MENU