車の傷を修理ならここ!ランキング6

home > 車の傷を修理する時の豆知識 > 車の傷修理費用の捻出方法に関して

車の傷修理費用の捻出方法に関して

 日本人ほど愛車を大事にする国はみられないと言われます。雨が上がった翌日には、洗車に勤しむマイカー族が多くみられます。たとえ二日後に雨予報が出ていても、綺麗にすることが習慣となっている人も多いのでしょう。そんな愛車を大事にする習慣があることから、小さな傷があってもすぐに修理してしまうようです。確かに、小さな傷を放っておくことで、段々錆びる部分が広がり、車自体を傷める原因にもなってしまうことから、小さな傷でもすぐに修理することがベストな方法と言えるのでしょう。また、そこには下取り価格を考えると、綺麗に治しておくことも、良い結果に繋がることになるはずです。素人でも出来る小さな傷治しには、ホームセンターやカー用品の販売店に行けば良いのでしょう。そこには、たくさんの修理用品が販売されているからです。

 自分でも治すことが出来る小さな傷の対応は、簡単に終わらすことが出気るのですが、衝突などでおきてしまった大きな傷になると、修理工場へ依頼することになります。しかしその時の費用が大きくなることで、保険を利用しようと考えることになるはずです。万が一の時のためにある保険ですから、利用しないと非常に勿体ないことになります。ですがここで問題になるのが、保険を使うことで不利になることが起きてしまうことがあるからです。保険を使ったことで、翌年の保険料金が上がってしまう不利益を生じる可能性があります。保険制度には、無事故割引があり、この等級をノンフリートと呼んでいます。保険契約時に、9台以下の契約において利用可能なシステムとなっており、1等級から20等級まで設定され、等級が高いほど割引率が高くなります。

 無事故割引(割増)の等級を「ノンフリート等級」といいますこの等級には、事故なしと事故ありの二種類に分けられます。保険を使うことで、割引率が低くなり、最低でも3年間は不利な状況が続くことになります。そのため大きな修理金額が必要になり、悩む時その修理費用をマイカーローンを組んで支払いに充てる人も出て来ています。このマイカーローンは、自動車購入だけに使えるものでなく、車検費用に充てることも可能となっています。費用が大きくなることで、現金での支払いが大きくなった時には、保険を使うのか、それともマイカーローンを組むのを考えるのもひとつの方法と言えるのでしょう。万が一事故に遭った時も、慌てて修理を終わらすことなく、その費用の捻出方法をしっかりと考えることが、後々に良い結果に繋がるものになるはずです。

次の記事へ

MENU